当研究会について

  告知・お知らせ

  当研究会について

  会 則

  ご 挨 拶

  第2回総会の御礼

  

  

  

  

  

東京Jr.胃会とは -設立主旨-

この度、胃X線検査ならびに胃癌診断に従事する、若手医師や診療放射線技師の育成をはじめ、胃癌検診の精度向上と管理を目的とした勉強会を発足いたしました。
本会の特徴は、基礎的な事柄から撮影手技そして読影に至るまでの過程を自ら学習し、幅広い知識を養うことができるよう、お手伝いすることにあります。そのためには、会員からの意見や疑問を収集し、個々にあるいは全員に応えるための教育・指導体制を構築し確実に次世代へ伝承できるよう努力する必要があります。
多くの会員に楽しく学んで頂くために、魅せるプレゼンテーション技術、多彩な映像を供給し、また同時遠隔討論会などを企画し、講義内容はテキストにまとめて記憶の掘り起こしに役立つようにして参ります。これらの誓約をもちまして、胃癌の早期発見ならびに社会貢献を果たしていく所存でございます。

平成27年9月1日 代表世話人 宮崎 武士
顧問 馬場 保昌

東京Jr.胃会の目的

胃X線検査には、多くの先人達によって培われてきた伝統があります。様々な撮影技術、高い検出能を実現するための工夫、些細な病変を見逃さない読影法など、これらは長い年月をかけ、少しずつ研鑽されていき、今現在に至っています。
これらの伝統ある技術・様々な情報をどう次の世代へ伝承していくのか、これから胃X線検査に従事する新しい技師、若い技師の方々に、どう伝えていくのか。
そのような観点から、これまでの伝統を伝承するための新しい場を作ろう、技術を磨ける、情報に触れられる場を提供しようという目的で、東京Jr.胃会は2015年に発足いたしました。
東京Jr.胃会では、
①若い世代に対して、胃X線検査に興味を持ってもらえるよう努める。
②既に胃X線検査に従事している層に対し、幅広く高レベルな情報を提供する。
③若手の指導陣が中心となり、その知識・技術を伝える事ができる場を提供する。
このように、幅広い層に対して活動を展開し、更なる胃X線検査の普及と、水準向上、胃癌の早期発見に寄与して参ります。そしてより多くの社会貢献ができるよう努めて参る所存です。

主な活動内容

勉強会の開催(年二回 )
インターネットを利用した勉強会・講義などの配信
施設画像の評価
研修の受け入れ
胃X線検査従事者の為の教育用コンテンツの開発・配信
etc...

研究会 概要

研究会 名称

東京Jr.胃会 (トウキョウ ジュニア イカイ)

代表世話人

宮崎 武士 [進興会 立川北口健診館アネックス]

代表顧問

馬場 保昌 [進興会 オーバルコート健診クリニック]

事務局

190-0012 東京都立川市曙町2-37-7 立川北口健診館アネックス放射線内

共催(敬称略)

医療法人社団 進興会
伏見製薬株式会社

協賛(敬称略)

東芝メディカルシステムズ株式会社
富士フイルムメディカル株式会社
オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社